森風の隠れ家  ~ForestWind~

ファンタジー主義者な主の日々をつらつらと… 絵、ぬいぐるみとかの製作、ほしい人がいたら販売。と、色々とやってます。   前のブログのも少し引っ張ってきてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

見極めかた

さて、みなさんこんにちは。自称ぬいぐるみ作家兼絵師の端くれの幻遊童子です。さて、カイコも半分以上が繭になりました。よくカイコが繭を作りだす時を見極める方法として体が透けるといいます。ま、たしかにこれは間違ってはいないのですが体をみるよりも足を見たほうがわかりやすかったりします。体よりも足の方が速く透けてきますから。というわけでけっこうな数の繭がとれてます。たださすがに3代目ともなると最初の頃とは変わってくるわけでして、繭の大きさが小さくなっちゃいました。でもその反面なんか毛羽を触った感じふわっふわになってました。繭が小さいので2つずつサクランボみたいに繋いでのストラップになりそうです。

と、最近仕事帰りに街灯のしたでちょっと面白い虫を見つけました。どんな虫かっていうとヘビトンボです。かまれそうでけっこう怖いですがよくよくみると綺麗でかわいいですよ。羽についた黄色の模様とか。成虫の寿命が焼く5日と短いのが残念ですが一応成虫は昆虫ゼリーで飼育可能です。大きくてちょっと変わった形の羽虫ってなんかいいですよね。では今回はここらへんで。そろそろぬいぐるみ作成の進めないといけませんので
関連記事
[ 2013/07/13 17:35 ] 生き物 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。