森風の隠れ家  ~ForestWind~

ファンタジー主義者な主の日々をつらつらと… 絵、ぬいぐるみとかの製作、ほしい人がいたら販売。と、色々とやってます。   前のブログのも少し引っ張ってきてます
月別アーカイブ  [ 2011年04月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

半竜の夢

以下今朝見た夢です。






今日も何もない。そんな感じに自分は実家にある中学の裏にあるゲートボール場の辺りで遊んでいた。

ふわりと空に向かって高々と飛び上がってみたり土手を飛び越えてみたりしていた。

その時の自分はまだ気付いていなかった。

近くに来た自分と同じくらいの子供を見てようやく自分はある事実に気付いた。

腕は羽毛に覆われておりまだ羽が短いが鳥の翼のよう、羽毛に覆われた太くて長い尾があり、足には鋭い爪のある姿をしているということに。

自分が人とは違うと気付いた自分は学校の前に植えられた松の根元にうつ伏せになってグラウンドで遊ぶ同じくらいの子供達をぼんやり眺めていた。

そんな自分に近くの子供が遊びに誘う意味で軽くボールを投げてきたが自分は体を少し縮めて別の方を向いた。

そして子供達が学校に戻っていくと同時に自分は翼である両腕を広げ、グラウンドと自分のいる場所の間の土手を蹴って飛ぼうとした。

だがやはり羽の短い翼ではうまく飛べず、何度も助走をつけてできるだけ遠くに飛ぼうとした。

そしていつもの森に行こうとしたが森やそれ以外の場所も至るところに監視カメラやセンサーがつけられており居場所が無かった。

自分はこの場所を離れることを決意し、なんとか監視カメラやセンサーを避けながらいつもの森より下の川へと向かった。

川は流れが速く、前に来た時とは違う場所を流れていたが戻ることのできない自分はなんとか川を越えて歩き出し、夢はこの辺りで終わった。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/14 12:31 ] 夢の記録 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。