森風の隠れ家  ~ForestWind~

ファンタジー主義者な主の日々をつらつらと… 絵、ぬいぐるみとかの製作、ほしい人がいたら販売。と、色々とやってます。   前のブログのも少し引っ張ってきてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

緑深い山と公園  そして巫女

坂道と丘ばかりの町。そんな町のはずれにある公園すぐ横の道路の上に僕はいた。坂道で子供が乗れる大きさの車の玩具で遊ぶ子供が数人。公園の遊具にあるハンモック状の所で休もうと公園に入るもそこも子供たちでいっぱいで休める場所がなく、公園を過ぎた先にあった古い家の奥の部屋に入って休んでいた。

家の中はなにやらごちゃごちゃとしており、たとえるならば老人の家の使わない物を押し込んだ部屋のようは感じの場所だった。横になって目を閉じる。ほんの少しの休息。

誰かはわからないがこちらへ歩いてくる。すぐ隣まで来て何か話している。声からするに子供が3人。目を閉じて横になっているだけで眠っているわけではない。うっかり目を開けてしまわないようじっとしていた。

しばらくして子供たちは部屋から出て行った。その隙をついて僕は急いで部屋の窓を開けて外に飛び出す。外に出た。そう思ったがそこは作りかけで放置されているのか天井と壁が一面足りない部屋だった。そしてそこから見える景色は山だった。緑が深く広がる山、その尾根が広がっていた。

それはこちらにとっては好都合だった。それなりに助走をつけるにも十分な距離が床にはある。飛び立ってしまえば尾根を吹き上げてくる風があるからまだ飛ぶのがうまくない僕でも飛べる。両腕を翼へと変え、床を強く蹴って外へと飛び出す。基本さえ忘れなければ風が体を押し上げてくれる。

まだぎこちないが精一杯羽ばたいて宙に舞う。家から少し離れた山の斜面に滝があった。その周りは人の手が加わっているらしく平らにならされていた。その場に降りて少し休憩をとる。人の姿をとっていたとしてもその半分は人ならざる者。もともと人とは一緒にいられないのだろう。それでも共にいたいと思うからか人の暮らすそばから離れられない。そしてまた飛び立ったはずの家に戻ってきていた。

そこで出会ったのはあの有名な霊夢だった。退治されるのではと思ったがどうやら別の理由で来ていたらしく別の部屋へと行ってしまう。

夢はここで終わってしまった。
スポンサーサイト
[ 2013/10/10 18:15 ] 夢の記録 | TB(0) | CM(0)

9日の夢と今朝の夢のメモ

さて、今回の夢もけっこう奇妙なものだった。何故かこんな時期なのにしおひがりをしているという謎。捕っている貝は形状からしてマテガイなのだが、何故に砂の浅いところに横になって埋まってるのやら。ま、そんなことは気にせずマテガイを捕る。

しばらくして急に風が強くなりだしてきたので浜で食事をするのはあきらめて近くのレストランに行くことに。駐車場から海岸沿いの道路に下りる坂道がめっちゃ急で怖かった。ともかくレストランに向かって車を走らせるものの、何故か道路には障害物がいっぱい。どう見ても意図的に並べられている感MAX。

まぁ、レースゲームばりに障害物を交わしてようやくレストランに到着。一緒にいた人の一人が磯釣りしようといいだしたりしながらレストランに入る。中は普通な感じなのだが、何故か一緒にいた人の中の二人がリンクのコスを見つけてきて戦闘をおっぱじめる。最初のうちは見てるだけだたがなんか面白そうなので自分も参加。2階の狙われにくい位置から弓で狙撃しまくる。とかやっていたらいつのまにか店にいた客が全員この謎の乱闘を観戦していたという夢でした 。



そして今日の夢だが…今日の夢はこれまた謎だった。よく小学のときとか林間学校とかで行くような自然の家的なとこに宿泊→途中なぜか謎の生物に襲われる→なんとか逃げだすも謎の生物の攻撃を受けたため状態異常くらう(多分毒)→謎の生物のテリトリーを抜けるとそこは一面雪景色(謎の夢クオリティー)

解毒効果のある実が冬枯れの木の枝先になっていたので夢クオリティーなジャンプで採集。ちあみに細いゴーヤが枝先に葉っぱみたいに3つずつついてる風景は奇妙だった。ちなみに効果があるのは黄色く熟した実の内側にある赤い実の部分とかいうマイナー設定。分かってはいたが不味い(実際に不味い)

あたりを見渡してみるとどうやらスキー場だったらしく滑っている方多数。流石に歩くのもあれだから自分もスキーを借りて滑る。途中東方キャラのニトリが勢いよく頭までうまるくらいの新雪につっこんでたがあえてスルー。

スキー場のはずなのにいっこうにふもとに着かず軽く迷子になる自分含め数人 。どうやら近くに休憩用の小屋があるとかでそこに非難することになるも見つからないという。で、結論が空から探す←安定の狐竜である(たしか赤毛だった)以降3分の1くらい起きてるような状態だったので夢操作して遊んでたからここらははぶく




赤毛の狐竜、かわいかったなぁ。大きさも大型犬か超大型犬くらいだったし
[ 2012/10/14 16:39 ] 夢の記録 | TB(0) | CM(0)

昨日の夢

みなさんお久しぶりです。自分は相変わらず書く内容もなくのんびりとしてます。何かあったといえば日付変わってるんで昨日なんですが、ようやく夏コミの売り上げが届きました!参加したキツネ本の売り上げの一部(2000円)、委託販売をたのんだぬいぐるみと栞の売り上げ(7200円)で合計9200円とけっこうな額になりました!これは冬コミも頑張らなくてはです!

さてと、昨日の夢の話。正確には昨日の朝の夢なんですけどね、まだ寝てないから今日といえば今日。なんとなくよくこのブログを見てる皆さんは夢の内容がおおかた予想がつくでしょうね。  はい、相変わらず鳥な夢でした。長々と書くほど面白い部分はなかったと思うけども一応夢の内容を書いておきますかね。そのうち何かに使えるかもしれないし。

以下夢の記録




多分実家に帰ろうか迷っていたためにこんな夢を見たのだろう。自分は実家の方にあるお婆ちゃんの家の下にあるいつもの森に行く道にいた。相変わらず夢の中の森の景色はまだ落葉が伐採される前の記憶のままで道には落葉の葉が厚く降り積もっていた。

ちょっとした訳がありまして自分には土地が必要でして、道のふちのガードレールによっかかってどうしようかと考えていると見慣れない車がやってきて中から男性が二人降りてきてこちらに歩いてきた。どうやら彼らの研究に協力することを条件に土地をくれるというものだった。

土地も手に入るし鳥になれるから一石二鳥だろうという言葉を信じて協力することにした。だが少しして彼らに疑問をいだいて彼らのもとから逃げたのだが、追いつかれてしまい、その場にあった車に逃げ込んで内側から全てのドアにカギをかけてたてこもったのだが、エアコン部分から睡眠ガスを入れられたらしく気を失ってしまったのか夢はここで終わってしまった。
[ 2012/09/26 03:58 ] 夢の記録 | TB(0) | CM(0)

色々まざった

さて、今日も奇妙な夢を見たが…長い…


夢の内容としては、どこかの下り坂の前に止まってる車の中からはじまります。自分くらいしかいないのに車はじわじわと坂道に近づいてゆく。必死でブレーキをかけるも遅くはなるものの止まりはしなかった。不自然なことに坂道が登りでも車はゆっくりと進んでゆく。そしてようやく止まったところで車から降りる。

何処かの建物の前の庭のようだで何人かの人が話している。内容はおぼえてないが何か話しているらしい。そしていつものように辺りをうろうろする。そしていつものように怪しい一角を発見する。どう考えても悪いやつらであろう数人が話していた。もちろん見つかった。

その結果PSO2のダーカーみたいな敵に追われたため急いで通路を走って逃げる。すると目の前にマイクラのネザーゲートのようなものがはっついた出口が…。迷ってるヒマもないのでネザーゲートに飛び込む。すると中学の廊下に出た。どうやら学校の廊下と体育館の間の扉がネザーゲートになっていたらしい。

逃げ切ったのか敵は追ってこなかった。確認のために戻ると出待ちしていたので慌てて戻る。学校に戻ってみると教室で話している人がいた。どうやらしりとりをしようと言っていたのだが、最初の人の勘違いによってなかったことになった。最初の人が言った言葉は「とり」。まぁ、そうなるよね。しりとりからしりとったらとりだもんね。

とか思いつつそのなんとも言いがたい会話を聞いていたらとうとうネザーゲートがばれたらしく敵が…。どんな敵かというとPSO2に出てくるガロンゴの上位版って感じの黒と赤ってかんじの配色をした敵でした。転がってこられるとやばいので急いで玄関前に誘い出す。以降玄関前で銃撃戦。もちろん安全そうな場所から銃で射撃である。ふと隣を見るとこれまた何故かPSO2のキャラであるアフィンが一緒に戦っていた。ともかくなんとか二人で倒すと何故かレアなほうのラッピーが出現。もちろん倒す。

一息ついて玄関に入ると、何の魔よけですか?といった感じに… 中央にテーブルが置かれ、その上にはピヨピヨいってるヒヨコが入ったケースが並び、その先には粘着式ネズミ捕りがしきつめられてその上には白いハツカネズミが綺麗に並べてくっつけられていた。そんなところにレコがやってきてくっついてしまう。急いでレコを粘着式ネズミ捕りからはがす。幸い粘着力がよわかったからすぐにはがせた。そして水道で洗っていたあたりれ夢がさめました。




なんなんだかな~ってかんじの夢でした
[ 2012/09/07 17:56 ] 夢の記録 | TB(0) | CM(0)

今日見た夢

日付変わってるから正確には昨日なんですが、また訳のわからない夢をみました。どうゆうものかといいますと、簡単に言えば北海道の何処の空港だかは忘れたけれど、そこに着陸する飛行機の貨物にとんでもない殺人ウイルス的なものをもったハエが積まれていて、緊急避難するというものでした。世界観的には後々いっぱいでてきますが人が一方的に適ししてるだけですが獣人(人狼多数)が存在していたりしました。

何かのイベントがあったんだかで最初は実家の方にある母校にいたんですが、突然↑で書いたとんでもない情報が流れこんできまして、急遽帰宅して軽く緊急会議。内容としては高速を使って苫小牧まで逃げるというものでした。苫小牧までいけば飛行機もフェリーも特急もあるから北海道脱出できるからですね。

予定では親の車に姉と姉の子、おばあちゃんがのるというもので、自分は車もってるから親の車のあとをついて走ることになったのですが、なにせリアルに高速走ったことがない!60km以上だしたこともない!というわけでのりきではありませんでした。

たしか合流地点はイオンだかホーマックだったかでした。が、そこまで高速走るの嫌か?って感じに自分は周りが準備中に車とかも使わないで走ってっちゃったんですよね。多分自分自身獣人だったんでしょうね。普通に走っても足遅いから最終的には犬やなんかと同じ走り方でしたよ。しかもそこそこ早い。というわけで高速にのるとこの真正面にあるローソンで親に居場所しらせてなんでか待機。少しして親がきたので忘れてきちゃった荷物をうけとって車の荷物を載せる場所にのっかる(軽自動車っぽい軽貨物なんです)←考えてみればこれ前に親が乗ってた車で今のじゃない。

ともかくこうして苫小牧まで移動。だが今度は何故か獣人と人の間で紛争がおきてました。しかも街がけっこうとんでもない感じに崩壊してるところが…。とかなんとかで自分だけはぐれた。どうやら人狼たちは地下に非難通路を作っていたらしく急いで市民を非難させているものの、急いで避難するものもいるが人狼群に好戦的な人もいるわけです。そんな中自分はなんとか非難したところで夢はさめちゃったのでこのあとどうなったのかは分かりませんね。





もう、なんなんだろなこのウイルステロ騒ぎな夢。しかも獣人狼以外にもちらほらと他のもいたし。そもそも獣人だけでお祭り会場に集まってる人くらいわちゃっといたし。獣人成分補給できました。
[ 2012/07/21 02:01 ] 夢の記録 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。